平成23年から平成26年までの間、日々の議員活動を記してきたこのseesaaブログは、
平成27年1月よりサービス向上を目的に新しいアドレスに移転しました。
新アドレスは下記のとおりです。
http://ykaneko.net
以前の記事やコメントは、すべて新しいサイトでご覧になれます。
この旧サイトもしばらくの間は残しておきますが、いずれ閉鎖する予定です。
ブックマークをされている方は、大変お手数ですが変更をお願いします。
約10秒後に自動的に新サイトに移動します。
(自動で移動しない場合はこちら→ http://ykaneko.net をクリックしてください)

2014年12月30日

「官製談合疑惑が、札幌市でなぜ続くのか」 〜 膿を出しきらねばならないのは北海道新聞だ



スクリーンショット 0026-12-29 9.58.29.jpg

これは北海道新聞の12月27日付社説のタイトルです。
北海道新聞を読むと朝から不愉快な気分になるので、我が家では随分前に購読を止めています。
たまたまネットでこの社説を目にして、相変わらずだと苦笑させられました。

「官製談合疑惑、札幌市でなぜ続くのか?」
それは北海道新聞が報道機関として、だらし無いからではないでしょうか。
私は道民になってから十数年北海道新聞を読んできましたが、世のためになるスクープなど一度も見たことがありません。

北海道新聞はその名の通り、北海道全域に密着して道内屈指の情報量を持っています。
にもかかわらず、自社の利益を図る観点で情報を選び、都合良く角度をつけて報道するのが彼らの習性になっています。
読者に代わって権力を監視すべき報道機関としての矜持を感じることもありません。
地域の独占企業であるおごりが、常に紙面ににじみ出ています。
この日の社説にはこう書いてあります。

スクリーンショット 0026-12-29 9.33.15.jpg
徹底的に調査を進め、膿(うみ)を出し切らねばならない。
と偉そうなご高説ですが、その前に北海道新聞自身でなにか取材なさったのでしょうか。

いま話題のアイヌ談合は、札幌市の発表の2ヶ月以上も前に私が市議会で指摘した事実です。
理事者は答弁に右往左往して、議会が大紛糾したことはブログにも書きました。
あの日、議会記者席の道新記者は興味深そうにメモを取っていました。
しかし紙面では黙殺し、その後もなにもなかったかのようにスルーしてきました。
今ごろになって札幌市の発表を受けて、慌てて社説で説教を述べているだけです。
記者クラブで役所から与えられたエサ(発表)を食う(書く)だけのミジメななジャーナリズム。
これでははっきり言って私のブログ以下で、読者からおカネをいただくレベルになっていません。
膿を出しきらねばならないのは北海道新聞です。

なぜ北海道新聞がアイヌの不正に目を閉ざすのか。
それはアイヌは北海道新聞にとって神聖なもので、不正が発覚すると困るからでしょう。
私がアイヌ利権を追及すれば、北海道新聞は「差別」と決めつけて連日紙面で糾弾しました。
まるで過激派の機関紙かと思うほどの偏向ぶりでした。
その議員当人が議員辞職勧告を無視して追及した不正となると、ますます彼らは困ります。
議員辞職勧告が間違いだったことになるからです。
道新が大好きな人権派・脱原発市長が関与した官製談合。
しかも、よりによってアイヌがらみだなんて・・・。
あまりに不都合な真実で、これが知られたらまずい。
それほど、北海道新聞はアイヌ利権にのめり込んでいます。
今や北海道新聞は報道の使命を忘れ、利権の一翼と化した巨悪そのものになりつつあります。

社説の最後にはこう結んでいます。
スクリーンショット 0026-12-29 9.16.53.jpg

上田市長に組織の立て直しを「最後の仕事と認識し、取り組んでもらいたい」と求めています。
これを読んで、思わず私は吹き出しそうになりました。
トンチンカンにもホドがあります。
平成15年に札幌市役所でアイヌで談合が始まったのは、いったい誰がきっかけなのか。
もし北海道新聞が知らないでこの社説を書いたとしたら、彼らは相当のオトボケだと思わざるを得ません。


posted by 金子 快之 at 20:00| Comment(12) | TrackBack(0) | マスコミ利権を斬る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

logo_9A.png ----