平成23年から平成26年までの間、日々の議員活動を記してきたこのseesaaブログは、
平成27年1月よりサービス向上を目的に新しいアドレスに移転しました。
新アドレスは下記のとおりです。
http://ykaneko.net
以前の記事やコメントは、すべて新しいサイトでご覧になれます。
この旧サイトもしばらくの間は残しておきますが、いずれ閉鎖する予定です。
ブックマークをされている方は、大変お手数ですが変更をお願いします。
約10秒後に自動的に新サイトに移動します。
(自動で移動しない場合はこちら→ http://ykaneko.net をクリックしてください)

2014年09月03日

アイヌ文化の担い手は、本当にアイヌ民族なのか?

連日アイヌの話題ばかりで恐縮ですが、今日の時事ネタです。

twitterでもつぶやきましたが、今日からJRタワー1階札幌駅の西コンコースでアイヌ文様の
アートモニュメントの展示が始まりました。
ステラプレイスの入口の真横で、札幌駅でもっとも多くの人が行き交う場所に、縦2メートル、
横2メートルの大きさで、美しい色彩で丁寧に織り込まれた素敵なタペストリーです。
2014-09-03 12.33.46.jpg
(制作:加藤町子さん、村で遊ぶ子供達、2014年。制作委託料2,397,600円)

これ以外にも市役所本庁舎1階ロビーでも4作品が展示されています。
lobby-ainu.jpg

この5つの作品の制作・展示に1500万円の札幌市予算が投じられています。
大型でとても緻密な作品で、制作には相当な時間と手間がかかるのだろうと思います。
1500万円が高いか、安いかはここでは論じません。

問題はこれらの作品が「アイヌ民族の工芸家が制作した」と説明されていることです。
私の主張によればアイヌ「民族」はいないはずなのですが、札幌市役所はどうやって
アイヌ「民族」であることを確認したのでしょうか?
札幌市役所の担当課に照会したところ、
  • すべて公募作品で、5名の工芸家は北海道アイヌ協会の会員と聞いている
  • したがってアイヌ民族のはずである
  • 本当にアイヌ民族かどうかまでは確認していない
との説明です。
つまり工芸家がアイヌ民族であることは推定だというのです。

北海道アイヌ協会は、アイヌの定義を「アイヌの血を受け継いでいると思われる人や
婚姻・養子縁組によりそれらの方と同一の生計を営んでいる人」としています。
分かりやすく言えばアイヌの配偶者の和人(日本人)は当然アイヌだし、「」という
言葉が示すように何らかの縁があれば誰でもアイヌになれるという理屈になります。
こんな純粋なアイヌ以外の人が制作に携わった可能性の有無を市役所に尋ねたところ、
  • 工芸家が和人である可能性は否定しない
  • しかし、北海道アイヌ協会会員だからアイヌ民族である
との説明でした。

今回の5作品はすべて女性の手によるものです。
仮定の話として工芸家のご主人様がアイヌの出身だったとして、配偶者の日本人が
制作した作品もアイヌ文化と言えるのでしょうか?
あるいは養子縁組の日本人が作った作品もアイヌ文化と言えるのでしょうか?

アイヌのお土産として有名な木彫りの熊も、もとはといえば尾張徳川家 19 代当主の
徳川義親が八雲町のアイヌの人に作らせたことが発端だそうです。
芸術作品として素晴らしいものであれば、アイヌが作ったのか、和人が作ったのかは
大きな問題ではないのかもしれません。
アイヌ文化に触れて感動を覚え、自ら引き継ぎたいという和人がいてもよいでしょう。
しかし「アイヌ民族の誇りが尊重される街」を目指す札幌市として、「アイヌ民族が
制作した」と胸を張って断言できない状態で本当にアイヌ民族の誇りが実現するのか?
私はいささか疑問に感じます。

こうやって考えていくと、アイヌ民族の定義があいまいなまま、政策的資源をここに
無理矢理投入しようとすることがやはり混乱の原因だと思えてなりません。

長い歴史の間でアイヌとそれ以外の人々の混血が進み、いま先祖代々純粋アイヌという
方は数少ないはずです。
茅葺きのチセで漁労採集生活を送っている人もいまはいません。
日本人とアイヌの区別や就職や進学などの差別も無くなり、民族対立もなく、同じ街で
平穏に暮らすことができる今日が彼らの理想だったのではないでしょうか。
それなのに「差別反対」と叫びながら、利益を得たいときだけは自ら差別を演出する、
こんな矛盾にはどうしても納得ができないのです。
アイヌ文化に補助を与えるのも良いけれど、それ以外の文化と同列に扱うべきで、
片方だけ特別扱いするから矛盾が起きる。
本当に良いものは特権を与えなくとも人々に評価され、後世に残るはずです。
不透明な特権は矛盾を拡大させるだけで、差別の再生産に他なりません。
こんな歪んだアイヌ政策に私はこれからも問題提起を続けるつもりです。







posted by 金子 快之 at 23:55| Comment(65) | TrackBack(0) | アイヌ・外国人利権・歴史認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに正論ですね。

一番責任が重いのは、問題を先送りにしていたくせに、サミットのためによく分からない
定義を決議した国会議員にあると思います。多民族国家だというけどアイヌ「民族」の他に
どんな民族がいるのか未だによく分かりませんし。

アイヌ「民族」はこれからどのような人口推移で、どれだけの予算が必要なのか?
先住民族とそれ以外の民族の差は何なのか?
アイヌ「民族」以外の民族も先住民族として認めるのか?
他の少数民族と婚姻・養子縁組等をした場合、双方の施策を享受できるのか?
などなど山のように疑問点が出てきます。

これからも問題提起をよろしくお願い致します。
Posted by 札幌市民 at 2014年09月04日 08:39
おはとうございます
あげあし 切り取り 禁止で全体を通して 彼の主張を冷静に”想定”?しましょう
Posted by イチロー at 2014年09月04日 08:41
>仮定の話として工芸家のご主人様がアイヌの出身だったとして、配偶者の日本人が制作した作品もアイヌ文化と言えるのでしょうか?

アイヌ文化ですよ。
製作者は関係ありません。

古代の渡来人や近代に来日した外国人がつくったものでも日本の文化のものはたくさんあるように。

それと「民族」の定義をもう少し丁寧にするといいですね。

Posted by takme at 2014年09月04日 08:49
>アイヌ文化ですよ。
>製作者は関係ありません。

それなら文化財の保護で十分ですよね。
アイヌ協会の会員である必要もありませんし。
市民としては展示費用だけで作製して頂ける方にお願いしたいです。
本当によいものならば展示後に正当な価格で市場に流通するですから。

Posted by 札幌市民 at 2014年09月04日 09:08
もういいよ。
その程度の理論で北海道を荒らさないでくれ。
生まれ故郷の兵庫に帰ったら。さっさと。
くだらない県議がとぐろ巻いてるだろ。
そいつらと戦えよ。
それが故郷を大切にする地方議員のミッションじゃねーか。
Posted by 四輪駆動 at 2014年09月04日 11:07
それは、色々な理由で北海道に移り住んでいる人々への「差別」ですか?我々も税金を納めているのだから、その使い道について意見を言う権利はあると思いますが。
Posted by 札幌市民 at 2014年09月04日 11:34
正論ですね。

>本当に良いものは特権を与えなくとも人々に評価され、後世に残るはずです。

これにつきます。
バクリしかできないから様々な工作をする彼の半島某国人でも入ってるかのようですね。

Posted by 札幌市民 at 2014年09月04日 11:36
疑問に思ったことを提議する。
様々な意見が交わされる。
感情的になったり、理論が破綻すようであれば、己の立ち位置を再確認することが肝要。
相手を挑発したり、問題の本質をすり替えたりすることはみっともないですね。

一つだけ今回の金子さんのご意見について個人的見解を述べさせてください。
>仮定の話として工芸家のご主人様がアイヌの出身だったとして、配偶者の日本人が
>制作した作品もアイヌ文化と言えるのでしょうか?
>あるいは養子縁組等の日本人が作った作品もアイヌ文化と言えるのでしょうか?
私はアイヌ文化であり、伝承することに人種は関係ないと思います。但し技術や精神性を正しく受け継いでいることが前提です。
Posted by 森下徳也 at 2014年09月04日 12:05
ついつい 議論に引き込まれるのですが・・・

上の織物 素敵ですね 目を奪われます すばらしい

諸外国のにも キルト 負けないな 
Posted by イチロー at 2014年09月04日 12:08
アイヌ文化の担い手は、本当にアイヌ民族なのか?

文化の担い手がアイヌに限定される又はその他我々日本人又は
協同であっても文化の担い手である点では全く持って障害とならない点を
僕は強調したいな。

食文化というものも日本だって日本独自のカレーライス
というものがあるじゃない。スリランカやインドは様々な地域
によってカレーの味も違うし調理方法も異なるんだけどさ
それがインドかスリランカがカレー食文化の担い手かい?

担い手ってお互いに教授し継承しそれが源流から派生したものであっても
構わないんじゃないかなぁ。
Posted by 市民 at 2014年09月04日 12:40
そうですね。

さっさと生まれ故郷に帰れなどとはみっともないコメントです。
市民としては、財政の負担にならないよう広く公募をして欲しいのみです。
Posted by 札幌市民 at 2014年09月04日 12:49
>アイヌ文化の担い手は、本当にアイヌ民族なのか?


いいえ、○○○です。
Posted by ○○○ at 2014年09月04日 13:13
 札幌市民に問う 何故現在までアイヌ利権、アイヌ問題を放置してきたのか。      アイヌ擁護派に問う アイヌを利用しての最終目的はあるのか、アイヌ居留区でも作るのか、それとも文明を捨て、熊とキツネと、ともに暮らすのか。 アホ民族館、アホ博物館がアイヌ利権団体かな。 
Posted by 佐野輝夫 at 2014年09月04日 13:32
四輪駆動さんは真の差別主義者ですね。

差別だ差別だ、守れって騒ぐ奴らが本当は1番差別主義なのと同じ。
Posted by おう at 2014年09月04日 14:02
佐野 様

国会議員の無知と地方議員のことなかれ主義だと考えます。アメリカやオーストラリアが反対し、ロシアが棄権した国連宣言の意味も考えず、目先の利益で安易に可決し、地方議員は政府の決めたことだからと思考を停止し、関連予算が入るのだから余計なことに口を出すなという姿勢が今日の状態を招いたと思います。当然それに関与した役人や有権者にも責任が無いわけではありません。
Posted by 札幌市民 at 2014年09月04日 14:02
デザインだけはアイヌ風と認めるがアイヌに織り物技術があったかは疑問。
それと原材料は何なんでしょう。
綿、絹、麻、綿羊の毛?
製作期間は何日なんでしょうかね。
デザインだけアイヌ協会員だけし、中国国内で織ったっていうことはないんでしょうか。

ペルシャ絨毯とは比較できないほどセンスの無さと胡散臭さを感じる。

Posted by マルサ at 2014年09月04日 14:34
マルサさん >
胡散臭いの? この作品
画像だから 生地はわかりませんが
独特のアイヌ文様のでデサインと色づかいが何か北海道らしいかと・・・
確かに 中学時代の美術は2でしたから 素養はない
ペルシャ絨毯 高いか安いかわからんし なんでも鑑定団素人レベル

あっ この件で○○○論争はしませんよ(笑)

Posted by イチロー at 2014年09月04日 16:02
>アイヌに織り物技術があったかは疑問。

アホか。二風谷アットゥシ知らんのか!?

藍染めの木綿なんかは、和人(日本人)から交易で入手した物だけど、鹿や熊、アザラシ等の毛皮や鮭なんかで、キチンと売買成立させて入手した以上はアイヌの物。
「木綿はアイヌ由来じゃないから、これはアイヌの織物ではない」なんて稚拙な屁理屈は通りません。
当然、今現在も、キチンとお金で売買してますから、入手した材料がアイヌ由来でなくても、仕上がった物はアイヌの物です。

昔のアイヌ民族は、シベリアや満州との交易も盛んでしたからね。
Posted by ひぐま at 2014年09月04日 16:32
だからこの作品の素材はなんなんだよ。
Posted by dodon at 2014年09月04日 17:04
素材なんか、何だって良いべさ。
Posted by ひぐま at 2014年09月04日 17:44
じゃあ、アイヌ協会以外のアイヌの人が作っても、よさこいソーランみたいに他の文化と混ぜて作っても問題ないな。
Posted by dodon at 2014年09月04日 18:01
ご指摘ありがとうございます。二風谷アットゥシ調べてみました。

100 年以上前から沙流川流域に住むアイヌの人々などによって受け継がれてきた伝統的な技術・技法により製造されます。

http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/houdou/2606111.pdf

クマの彫り物と時期は変わらないですね。
織物技術は和人の女がその昔アイヌに嫁いだ話があるから伝達は想像できますね。
私には年に30〜40件も不正を働くアイヌ協会とその隠蔽をする札幌市がやることですから「アイヌ協会指導監督 MADE IN CHINA」にしか見えませんでした。

渦巻き=アイヌ(笑)

アイヌの神話の一場面や生活状況のデザインだったら傑作なんだろうと思いました。
創意と工夫を極めるのは今のアイヌ協会には難しいんでしょうか。


Posted by マルサ at 2014年09月04日 18:11
アイヌ利権なんぞより「よさこいソーラン祭」の利権をただすほうが先決でしょうに。

それに利権云々よりも、「よさこいソーラン」の場合、公立の小学校等でこのクソイベントが体育等の教材に用いられているのは、思想信条の自由という観点からみても唾棄すべきことなのではありませんか!

大体が道民の半数がこの祭りを嫌っている。

あのチームごとの統一したいでたちはナチスやファシズムを連想させるし、よさこいソーラン祭は潰さねばなりません。
Posted by ぷそいど at 2014年09月04日 18:18
よさこいソーランをナチス呼ばわり。ヘイトスピーチですか?
Posted by dodon at 2014年09月04日 18:25
http://www.city.sapporo.jp/city/mayor/interview/text/2014/20140731/documents/ainu.pdf
(2) JR タワーに設置する作品:縦2000mm×横2500mm
○制作:加藤 町子さん
コタンシリヘカッタラ(シネッパ)〜「村の四季と子供達」

※作品はイメージであり、実際の作品と異なる場合があります。
  ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

さすが札幌市 逃げ道作ってますw






Posted by マルサ at 2014年09月04日 18:44
え〜〜〜〜っ
アイヌから よさこいに飛んじゃうの____?
まあっ いいか ブログだから
多少 ゆるくっても(笑)
でも ゆるくっても 
このブログで 議会 クビ勧告の議員さんもいる
気の毒な○○○だ!

Posted by イチロー at 2014年09月04日 19:41
飛ばないよ。議員には謝れだやめろだ言いながら自分の失言は謝りもしない卑怯ものが消えただけだから。
Posted by dodon at 2014年09月04日 19:53
飛ばないよ。>
e~~~e
なんか おこらしちゃった
申しわけない ○○○は 議員さん です 字足らず失礼
Posted by イチロ― at 2014年09月04日 19:58
アイヌ文化の担い手は、本当にアイヌ民族なのか?

という質問を投げかけているんですよね?コメント欄を閲覧しましたが、その質問に明確に答える人がいないような、コメント欄だと感じました。担い手の方々は本当にアイヌ民族です。なぜなら、〜とか。
担い手はアイヌ民族ではありません。なぜなら、〜とかの提案者が欲しているコメントは全く無視して、
わざとらしい、イジメのようなコメントばかり。イジメ問題の原点を垣間見たような、哀しささえ感じます。
Posted by 人間の存続より at 2014年09月04日 21:04
「アイヌ文化の担い手は、アイヌ民族である必要はありません。」かな。

文化振興の観点から言えば、アイヌ協会以外のアイヌの人々やアイヌ文化に
興味のある人も広く巻き込んでやるべきなのに、市の施策からはそれが感じ
られません。(「市民によるアイヌ工芸展」じゃだめなんですかね。)
この件に関しては、文化振興より予算規模の拡大を考えてる市役所の担当部局の
役人の方に腹が立ちますけどね。
Posted by 札幌市民 at 2014年09月04日 22:31
よさこいソーランに関してここでの話題としては不適切だったかも知れませんが、
要するに、アイヌ云々よりも優先して糺すべきことは山積しているでしょうに、ということを言いたかったのです。

金子さんのこのエントリでの問いかけに関していえば、アイヌ民族に限らず、文化に敬意をはらって精進している人であれば誰でもアイヌ文化の担い手になる資格はあると思います。
この点において札幌市民さんに賛同します。

市役所のお役人に対しての批判もまさにそのとおりです。
Posted by ぷそいど at 2014年09月04日 22:43
アイヌの血を全く受け継いではいないが、北海道アイヌ協会の会員である者と
アイヌの血を色濃く受け継いでいるが、北海道アイヌ協会には加入していない者と

はたしてどちらがアイヌ民族なのだろうか


Posted by トゥレプ at 2014年09月04日 22:45
これは素晴らしい報告ですね。
アイヌ文化の素晴らしさを伝えながらも、その制度の不備をついていらっしゃる。
本当に心のそこから応援したいご活動をされたと思います。
さらに制度の不備を無くすことで、かえってアイヌ文化の振興が図れれば、
貴議員には多くの支持が付きます。
新しい形のアイヌ文化の担い手になりうるような
活躍を期待しております。
Posted by 応援 at 2014年09月04日 23:25
> 私の主張によればアイヌ「民族」はいないはずなのですが、札幌市役所はどうやって
> アイヌ「民族」であることを確認したのでしょうか?

そりゃあ貴方の主張のなかではアイヌ民族がいないのかもしれんが、現実世界には普通にアイヌ民族いるわけで、貴方の主張を現実世界に持ち込まれても困る。
Posted by   at 2014年09月04日 23:33
札幌市民さん
>それなら文化財の保護で十分ですよね。
>アイヌ協会の会員である必要もありませんし。

アイヌ文化の振興は利権がなくてもできるでしょう。
利権とは切り離してよいですね。
Posted by takme at 2014年09月05日 01:50
takme さん

>アイヌ文化の振興は利権がなくてもできるでしょう。
>利権とは切り離してよいですね。

ええ、ただ政治家や役所の方が利権と結びつく可能性がありますので、
オープンにして無駄に予算規模が大きくならないかチェックする必要は
あるかと思います。

Posted by 札幌市民 at 2014年09月05日 02:12
あなたは純粋の日本人ですか?それとも“朝鮮系”日本人ですか?“中国系”日本人ですか?
少しでも朝鮮系(or中国系)の先祖がいればあなたは日本人じゃないね。と言われたらどう答えますか??

誰かのブログを読んでこんなに涙が出てきたのは初めてです。
私はアイヌ協会に所属していませんが、アイヌの血を受け継いでいると自負しているものです。
名字は道内のある地方に住んでいたアイヌに同化政策で無理矢理アイヌに作って付けられた名字です。
今現在もアイヌコタンで暮らしています。

金子さん、あなたには言いたい事が山ほどあります。
ですが、まずはこの記事の内容について。
アイヌ文化の担い手がアイヌであるかないか。
あなたは実際にアイヌに会った事はありますか?(いけない、あなたにとってはアイヌはもういないんでしたね)
とりあえず私はアイヌは“いる”という前提でコメントしますね。

あなたは実際に刺繍や木彫りを制作しているところを見た事はありますか?
少しでも実際の暮らしぶりを見た事はありますか?
あなたの文からは全く感じない。机上の言葉でしかない。想像論もちらほら。(ネトウヨに影響されすぎです)
文献など調べたりされているようですが、もう少しリアルを感じる機会を作って頂きたい。

確かにいますよ、コタンにもいわゆる和人は。アイヌにお嫁に来て何十年だとか、里子にだされアイヌ文化伝承のため(それぞれの家系に伝わる刺繍や紋様がある)子供のできなかった義両親に大切に育てられた者もいます。
(アイヌは北海道で和人が入植するようになってから、急激に増えた捨て子をコタンで育てる習慣が出来ていたため、血筋にこだわらない傾向があります。)
確かに“和人”だけどウタリ(仲間)だよねって、皆に受け入れられています。
もちろん血筋も大切ですが、何より私たちが大切にしているのはアイヌの“心”を受け継いでいるか、という事。
刺繍も木彫りも歌も踊りも、簡単に担えるものではなく長い時間と労力をかけ技術と“心”を習得するんです。
何十年かけても、“奥が深い!まだまだだ!”という言葉も聞きます。
普段、刺繍や木彫りを生業にしているなら尚更。
いつでも仕事が入るわけではないし、アイヌの平均収入は一般的な日本人に比べて本当に低いです。
ほんの20年ほど前でも、冬は生活の苦しさから借金をし夏は働きながら返し...を繰り返すという者が普通にいました。
コタンに実際に来てみてはいかがですか?金持ちなどいないとよくわかりますよ。
あなたの発言は本当に大きくて、多くの誤解を世間一般に広めたものです。

アイヌを馬鹿にするような発言をする者は時折、見聞きし遭遇していましたが
あなたの発言以降、毎日!毎日ですよ?
「アイヌなんていねーんだろ」
「どうせただの商売だろ」
「あなたはアイヌ?」『はい、そうです』
「アハハ!!嘘でしょう!」
わざわざ、こんなド田舎のコタンに来てそんな言葉を...というものもたくさんあります。
本当に悲しくて苦しくて悔しい毎日です。

大切な文化伝承、保存は
和人でもアイヌをリスペクトする気持ちが強い事
例えアイヌでもアイヌとしての“心”“志”を強く強く持っていなければ、正直やっていけません。
あなたの発言前からそうでした。
だけどあなたのおかげで、さらに私たちアイヌの風当たりは強くなったので、これからは尚更でしょう。

その覚悟は出来ていましたが、その大切な文化伝承、保存活動、担い手まで馬鹿にされては...
あなたは侮蔑しているのですよ、貴重で古い古い日本の心を伝える文化の一つを。
あなたの文を読む限り、あなたが見た一針一針、心を刻み込んだ刺繍がどれほどの価値があるものか、あなたの目にはわからなかったのでしょうね。

歪んだ正義感と猜疑心で曇ってしまっている。
Posted by ティ at 2014年09月05日 02:39
>ティさん

アイヌを馬鹿にするような発言をする者は時折、見聞きし遭遇していましたが
あなたの発言以降、毎日!毎日ですよ?
「アイヌなんていねーんだろ」
「どうせただの商売だろ」
「あなたはアイヌ?」『はい、そうです』
「アハハ!!嘘でしょう!」
わざわざ、こんなド田舎のコタンに来てそんな言葉を...というものもたくさんあります。
本当に悲しくて苦しくて悔しい毎日です。

もしそれが真実であり貴方が当事者又は当事者の同意があれば
今後は具体的な日時と録音録画(スマホやデジカメの動画機能でも可)し
管轄警察署及び地域弁護士会へ相談。

それはさ、もう支持や非支持とは全く論外行為だしさ
人権そのものを害する犯罪なんさ。

Posted by 市民 at 2014年09月05日 03:03
ティさんは協会に所属してるの?

お金の支援受けたことあるの?どれくらい?
低所得のアイヌの人はいつになったら低所得じゃなくなりますか?
協会の役員が一家総出で学資支援1000万以上受けてたことに対しては怒りはありませんか?

なぜ協会は在日の方と繋がりがあるのですか?
それは必要だと思いますか?

協会を追い出されたアイヌの人はアイヌ民族として保護受けられませんけど、
そのあたりはどう思いますか?
Posted by あり at 2014年09月05日 03:42
読み落としていた。協会に所属してないんですね。
じゃぁ利権に関わってないんですね?

なら、堂々と協会には所属してないしお金も欲しくない!
ってそういう輩に言ったらいい。

協会は悪いことしてますよ。
アイヌの人からも糾弾してくださいよ。
不正を正さないなら協会を認めないって。
Posted by あり at 2014年09月05日 03:47
ティさん は直接 金子さんにDMしてみてください
 
彼は 今回の発言で ある意味で報道の被害者ではあるが その発言で真面目に暮らすアイヌの方には謝罪を表明している

ここでは 存在したしないの論争になってしまいます

皆さん 他に どこに相談すべきでしょうか? 教えて差し上げてください! 
Posted by イチロ― at 2014年09月05日 05:40
ティさんのような方を守るのが本来の”アイヌ政策”ですよね
アイヌ協会の件が事実だとすれば 駆け込み寺は どこへ?(犯罪等は市民さんのアドバイス)
Posted by イチロ― at 2014年09月05日 06:44
賛否 中止!
この ティさんを 救いましょう!
勝ち負け 打算 利害は排除してね!
金子議員も 助けるべき!
本人の身になって考えてね! まじ 涙出るわ!
Posted by イチロ― at 2014年09月05日 07:39
・「日本には和人民族なんてもういない、せいぜい和人系日本人がよいところ。」と言われたら、あなたはどう思いますか?

私は、「その通りです。日本が好きな日本人は、肌の色や元の国籍に関わらず日本人であり、出来れば日本民族と言ってほしい。」と思います。
日本や日本人を嫌いで日本に住んでいる人は、もっと住み易い国を見つけて移住すれば良いと思います。グローバル思考で世界に羽ばたいて欲しいと思います。


・日本に政府公認の”日本人協会”があったとして、協会が「あなたは日本人ではない。」と言われたら、あなたはどうしますか?

私は、”日本人協会”を解体するように努力します。


・あなたはフリーターやネットカフェ難民の実際の苦しい生活を見た事がありますか?(偏向報道に影響されずにです。)

知り合いの中にもいます。でも、その人たちをネットカフェ民族とは言って欲しくはありません。楽しくフリーターをしている人もいますし、結婚を相手の親から拒否された人も知っています。
人それぞれですが、解決する順序としては「自助」・「共助」・「公助」が大切で、全ての日本国民がその環境に合った、平等の権利を有する事が求められると思います。
また、「ネットカフェ難民を救う協会」や「フリーター協会」等を作って、協会役員の利権を生む政策は止めて欲しいと思います。
Posted by 正論 at 2014年09月05日 08:02
>ティ   様

一般人に共感される作文としては合格。
行政の補助金システムからするとアイヌ協会に所属していないアイヌはアイヌではない。
アイヌ協会の不正を知りながら事業のほとんどを丸投げの国、北海道を糺さなければならない。
Posted by マルサ at 2014年09月05日 10:05
わーっ 皆さん 表向きでしょうが 結構 ドライ なんですね!
私は このティさんが ”善意”の方と信じ 声なき声のアイヌの方にも思いを馳せてあわててしまい&泣けてきました
微力ですまぬ ティ さん!
一般人より


Posted by イチロ― at 2014年09月05日 11:57
ティ 様

心中お察し申し上げます。今日のこの現状を作ってきたのは、サミットやオリンピックの時だけ利用し、本質的な解決を行わなかった政府の方にあると思います。金子市議と行動を共にされている小野寺まさる道議は、アイヌ憎しの感情からではなく、謝礼の水増し請求に反対してアイヌ協会からイチャルパに呼ばれなくなったアイヌのご婦人の陳情から、アイヌ協会への疑念を持たれたそうです。私もこの問題が発覚して色々調べましたが、アイヌ出身の知里教授が貧困で進学できなかった時に金田一京助教授に才能を惜しまれて援助を受け、やがてアイヌ語研究の第一人者になった事実はまさに昔からリスペクトがあった証ではないかと思います。その知里教授の文章を差別的だからという理由で改訂を迫るアイヌ協会には疑念を感じずにはいれません。
アイヌ協会の健全化やアイヌ協会以外のアイヌの方々への調査・政策の改善の陳情でしたら喜んで署名させて頂きます。今回の件で問題意識に目覚めた日本人は少なくありませんよ。
Posted by 札幌市民 at 2014年09月05日 16:50
偏見、アイヌであると。ハッキリ断言している方が。その苦しさを訴えています。
アイヌに対する、偏見が現在も継続しているならば、それは大問題だと思います。過去にあった経験をおっしゃっているならば、少し救われますが、少年少女時代に感じた、いじめを現在の大人達が今も感じているならば大問題ですよ。だつてこども達は、劣悪な環境から助けることが、大人の、親の感情ですから。


Posted by 人間の存続より at 2014年09月05日 19:15
現代には、いじめ問題がはびこる世の中となっている。
戦うことさえ、放棄せざるを得ない
若者を育ててきてしまった。
自殺という、最終選択にいたるヒトの意見、反論はなぜ表面化せずにその行動にいたってしまったのか?
アイヌの方々は、意見、要望等が万民に呼応し助けられた。という意識があるのか、それとも、まだ足りぬのか?イジメられている現況になんの救いもなく自己の命を終わらせるしかなかった若者はどういう想いがあるんだろう。
Posted by 失望者 at 2014年09月05日 19:38
個人的には全く興味を唆られない作品ですが
美術音痴なのでその件に関しては触れません(触れてるがw)が
こういった伝統工芸を引き継ぐのは誰であっても問題ないと思います。
ですから作品公募の対象をアイヌ協会員に限るのが間違いです。
Posted by 師正利 at 2014年09月05日 21:31
日本人になりすましてきたあの連中が、日本でやらかし続けた悪事がバレて、お金をたかれなくなったので、今度はアイヌ人になりすましている。最近やたらと「アイヌ」をもちあげているんで、おかしいと思っていました。

だいたい、アイヌ協会のメンバーの名前。どうみても韓国人でしょ。アイヌを騙るふとどきな連中です。本物のアイヌ人がいるなら、むしろそいつらを怒るべき。

北海道はアカだの、道民は道新みたいな便所の紙を読んでいると、全国の人から馬鹿にされていて悔しいです。単に、声のでかいやつらが目立ってるだけ。

まともな道民は、あの連中が汚いことをしているのは知っているし、人権ビジネスで飯を食っているのを知っていますよ。差別が商売。

金子議員を援護する、他の北海道の議員が出てこないことが残念。どいつもこいつも、腰抜け。

日本政府も、結局官房長官が遺憾だなんて言ったし、やはりあの連中の力がまだ強いってことですかね。

とにかく、反日外国人がアイヌになりすましてお金を日本人からせびろうとしているのはわかってますよ。

金子議員、わかってる人は多いと思うのでがんばってください。
Posted by ひな at 2014年09月07日 11:42
次は詐欺師になれるよ。札幌市というより道民、いや日本国民の恥。22日には辞職勧告だってね。自民党札幌支部連合も党籍除名するみたい。公人が『嘘』を流布するのは、リアル社会では許さない。
Posted by エデ at 2014年09月07日 15:12
アイヌ人との養子縁組等でもアイヌ協会に入れる。アイヌ協会=アイヌ民族。うさんくさすぎ。だいたい等って何だよ。誇りも何もあったもんじゃない。アイヌ人は、そんなもんじゃないはず。なりすましを排除しないとだめた。
Posted by くくちん at 2014年09月07日 20:52
初めまして。
北海道新聞に貴方の発言が初めて記事になった時から、この問題に関心を持ってます。
初めの記事に、はっきりと「不正受給」と記述があったのに、それについては何も触れず、差別だと言っている新聞に不信感を抱いてます。
アイヌについては、勉強不足なので発言は控えますが、不正がある可能性があるにも関わらず何も市議会ではしていないように感じます。
北海道の生活保護不正受給や聴覚障害偽装事件を知っている身としては、無かった事にしようとしているように思えます。
貴方のような方が北海道に来て頂き、感謝しております。
今後も応援しています。ご自愛ください。
Posted by ミカ at 2014年09月07日 22:16
何故か金子市議が「アイヌはいない」と言ったことになっていますが
「アイヌ民族なんて、いまはもういないんですよね。せいぜいアイヌ系日本人が良いところ(後略)」
とツイートされただけで、マスコミ以外「アイヌはいない」なんて言ってないです。
Posted by アイヌ系日本人断固支持 at 2014年09月08日 17:11
そうなんです
道新に はめられたんです〜〜〜ぅ
Posted by イチロー at 2014年09月08日 19:28
 もう30年ぐらい前の話ですが、アイヌ刺繍を教えてくれる教室がありました。 しかし講師はアイヌではありませんでした。

 ワタシも刺繍が好きだったのでその教室に入ろうかと思って、行ったのです生徒も皆アイヌではありませんでした。 

 結局定員一杯だったので受講できませんでしが、しかし受講できていたら、ワタシもアイヌ刺繍を習い写真のようなタピストリーが作れたでしょう?
 
 ところでワタシは14歳の時に親の転勤で札幌に来た人間で、勿論アイヌではありません。

 しかしフランス刺繍やスウェーデン刺繍をする日本人も沢山いますから、アイヌでない日本人がアイヌ刺繍を学んでも問題はないのです。

 美しい刺繍は優れた文化ですから、それを継承するのは大切なことですが、それではアイヌ刺繍を学ぶ人ならアイヌ人ではなくても、アイヌ協会に所属しなくても、支援するべきでしょう?

 現在は相撲から寿司や伝統工芸品の製作まで、日本文化を学ぶ外国人が沢山います。 そして日本の伝統文化の継承の為に国は様々な助成をしています。

 その場合にその外国人が日本に帰化しても、「日本民族でない」と言う理由で、帰化人をこうした助成の対象から外したら差別と言われるでしょう?

 それなのにアイヌ人がアイヌ文化を継承した場合にだけ、助成金が出るって差別でしょう?
Posted by よもぎねこ at 2014年09月09日 12:48
>仮定の話として工芸家のご主人様がアイヌの出身だったとして、配偶者の日本人が
制作した作品もアイヌ文化と言えるのでしょうか?
あるいは養子縁組等の日本人が作った作品もアイヌ文化と言えるのでしょうか?

 モンゴル人が横綱になっていても相撲は日本文化です。
 日本人が音楽監督や指揮者になっていても、ウィーンの国立歌劇場はオーストリア文化です。

 その意味から言えば日本人が作った作品でもアイヌ刺繍ならアイヌ文化です。

 文化の継承は別にその文化を生み出した民族のみが継承するものではありません。
 優れた文化であるほど、民族や国境を超えて浸透するので、他民族や他国の人々もその文化を継承することになるのです。

 問題はアイヌ文化の継承に対する助成金などを、アイヌ人だけに限定して、その選別権をアイヌ協会が独占している事でしょう?
Posted by よもぎねこ at 2014年09月09日 13:10
>よもぎねこ さん
あなたのおっしゃっることはごもっともです。
最後の一文は私も感じています。
アイヌ協会はアイヌブランドをどんな手段を使っても確立したいようです。
万が一非会員がアイヌブランドで世界を驚かせる偉業を成し遂げたとしたら
金子市議たたきどころじゃありませんから(笑)



Posted by マルサ at 2014年09月09日 18:39
エデ さん

>公人が『嘘』を流布するのは、リアル社会では許さない。

そうでしょうか?
リアル社会では、一般人より『嘘』を流している公人達が割合として非常に(!)多いと私には見えますよ。
政治家・役人・教師・弁護士・団体役員・会社経営者(役員)などなど、社会的に目立つ(公人!)が垂れ流ししている『嘘』には、一般人である私(個人)がどのようにアプローチしても「相手にされない」わけで、結果的にマスコミの大追求が「ごく希に『嘘』を正す」ことができている社会状況だと私は感じています。

北海道新聞社の職員の中には「金子議員を支持する人達」もいますが、その意志が「紙面に現れる」可能性はゼロです。新聞紙面は新聞社の中枢「論説委員」達によって決定され(当然のこと)、デスク(部次長)部長を含めて「論説委員の方針」で記事内容を決定します。
仮に、デスクや部長が「金子議員の発言内容」を正確に記事内容に盛り込もう(記事として記述しよう)としても、論説主幹がチェックして直させます。私は二十歳前後の数年で、その現場を何十回も目にしてます。現在の北海道新聞社論説委員は「疑似アイヌ協会会員」であり、アイヌ協会問題(!)については、地方議会の独自性を認めない「疑似政府支持者たち(右翼的?)」でしかありません。

「地方議会の独自性」を認識できていないことは道議会議員の半数以上も同じ(と私には見えます)で、札幌市議会自民会派の所謂二世議員、および力関係の弱い議員たち(当選回数が少ない)は議員としての自覚が足りない「追随主義議員」です。
二世議員は、一世時代の「アイヌ闘争」時代の危機感をまんま受け継いでいるので、「アイヌ問題には触れない」一世時代の教え(!)を受け継いでいるだけです。
当然二世議員や力関係の弱い議員たちにとっては「アイヌ協会問題」は邪魔臭い(触れたくない)問題であり、金子議員が改めて取り挙げた(かつてアイヌ協会問題を議会に取り挙げた議員がいた)ことについて、「アイヌ民族はいない」という言葉だけを切り取りして「ある自民党議員が北海道新聞(おそらく論説委員)に働きかけ」をしたらしいのです。

つまり、市議会自民党会派は「あとあとツッコミ(慰安婦問題の朝日新聞のように)」をされる可能性のあることには「蓋をする」ことで道新と同調したわけです。
これは、かつてで北海道新聞が擁護した、「アイヌの学校(長見義三著)」に対するアイヌ協会の言葉狩りと同じ手法ですが、「金子議員を引っ込ませるとアイヌ協会問題に蓋をすることができる」と考えたのでしょう。

ティ さん

あなたはこの金子議員のブログを全て読まれましたか?
この記事にたいして「ようやく」コメントする気持ちになったのはなぜですか?
あなたのコメントは、私には「もっと早くに」行われていても良い内容と受け取れます。

所謂「アイヌ問題」についてアイヌの人たちの発言が余りにも少ないために、「アイヌ以外(政治家・運動家・利権業者!)の人達」が発言・追求・反論をせざるを得ない現状です。
前述「アイヌの学校問題」のときも、アイヌの人達の発言は新聞に取り上げられることは極めて少なく、ほとんど「アイヌ以外の人達」によって議論されました。
ちょうど「色丹島記」編纂の時期に重なっていたため出版が危惧されたのですが、幸い北方領土に関わる貴重な資料「色丹島記」は出版されました。
長見義三氏のアイヌに対する視線は、民族とか人種とかを超えた「人」に対するものです。
もしあなたが「本当にアイヌであり、誇りを感じている」なら、「アイヌ協会非会員」という立場を超えて「アイヌ協会の非」を追求されても良いのではないでしょうか?
Posted by 平佐 修 at 2014年09月10日 00:34
よもぎねこ 様

ブログも拝見させて頂きました。政党にお電話される行動力や説得力のある記事の
内容感服致しました。アイヌ協会に問題があることは確かなのですが、この件に
関しては選別権をアイヌ協会に丸投げした市役所の担当部署にも責任があると思います。
協会の圧力があるのか単なる怠慢なのか分かりませんが、アイヌの方々の中にも
こんな予算は受け取っていないという意見があるみたいですので、お金の流れを
市議会でしっかりとチェックして公表して頂きたいですね。
Posted by 札幌市民 at 2014年09月10日 00:42
この5つの作品の制作・展示に1500万円の札幌市予算が投じられているが、私は適正な支出だと思う。
それよりも、あなたに払っている給料のほうが予算の無駄遣いだと思う。
アイヌの人たちに対する差別を助長するようなことは、即刻辞めるべきだ。
Posted by 白戸宏明 at 2014年09月11日 21:21
この国で生き、日本国籍を持っている人はアイヌや朝鮮半島の血を引く人を含めて「日本人」として認められたい人が大多数だと思います。むしろ、日本民族とは異質の人間扱いされると、しょせん自分はここの一員でないと苦しむのではないでしょうか。アイヌや朝鮮半島の関係ばかりか、滝川クリステルさんと室伏広治さんやベッキーさんのように欧米系の血を引く人ですら同じだと思います。アイヌや朝鮮・韓国人としての民族団体を作る人はこれらの血を引く人たちの中でも少数派のようですが、マスコミが曲解して伝えているようです。
なお、東北の人たちはかつていた蝦夷(弥生人主導の朝廷集団になかなか従わなかった縄文人)の血を多く引いているかもしれませんが、「熊襲」とか「蝦夷」のように日本民族とは異質な民族のような言い方をすれば怒りだし、かつてのサントリーの佐治敬三社長の東北熊襲発言のように、怒りを沈めるのに大変苦労するのでないかと思います
Posted by みんみん at 2014年09月14日 00:56
人類の発祥がアフリカの理由 種の起源 新たな人権 アルビノ 呪術 ヘッセン家 歴史は立体で見る 黒人奴隷は何処に捨てられたのか
Posted by キーワード at 2014年09月17日 16:27
アイヌ民族の話しは、一理あると思います。
逆風に負けず、己の信念で進めてほしいです。
面白おかしく扱うマスコミや偏見をもった外野にめげず打ち勝って下さい。
共感をもった、いち道民の意見です。
Posted by 三浦 建 at 2014年09月18日 04:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

logo_9A.png ----